odajinの日記2.0(仮)

現在ブログの方向性を考え中につき(仮)でお届けしています。※本ブログの内容は、私個人の考えです。所属する組織・団体とは関係ありません。

バッハの旋律を夜に聴いたせいです。を聴いたせいでこんなブログになった。

今日はとにかく1日中、サカナクションの「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」が頭の中をグルグルと駆け回っていました。

この曲、昨日の夜に初めて聴きましたが、もう何回聴いたかわからないくらいリピートしています。なんなんでしょう、あのクセになるフレーズ。カルビーかっぱえびせんも驚くくらいの「やめられない止まらない感」です。と、これを書きながら聴いています。

何故昨日から突然サカナクションを聴き始めたのか?

昨日、「おだじんさん、サカナクションのボーカルの山口一郎さんに似てますね。」と言われました。そして「それに1票!」と近くにいた同僚からも言われたことがキッカケです。むむむ、サカナクションってどんな人(バンド)だっけ?と。

Google先生で山口一郎さんを画像検索してみましたが、髪型は確かにちょっと似ていて、写真によっては私のかけている眼鏡と似ている眼鏡をかけていらっしゃる時もありました。が、が、が、あんなにシュッとしたイケメンではない。。。ファンの人がいたら怒られる。。。(><;)

「おだじんさんの今回の髪型は、サカナクションのボーカルの山口一郎さんの髪型に似てますね。眼鏡も〜〜の時の山口一郎さんの眼鏡と似てますね。」が誤解のない表現なのではないでしょうか。

髪型と眼鏡が似ているかどうかの特徴になりやすいのか?

ちなみに神木隆之介さんに似ている説はこれまでに20人以上から言われたことがあるのですが、明らかに髪型と眼鏡が似ているからなのです。

なぜなら似ているのは3月のライオン神木隆之介さん限定で、私の髪の毛が長くない時は似ていると言われないからです。

こちらも「おだじんさんは髪の毛が伸びると3月のライオンに出演していた時の神木隆之介さんの髪型に似てますよね。同様に眼鏡も。」が誤解のない表現なのではないでしょうか。

3月のライオン[前編]

 

「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」を聴いたせいでこんなブログになりました。

素敵な明日を

パン料理としてのハンバーガーを楽しめるバビーズバーガー

今日はブログ読者から教えてもらったBubby's 汐留店にやってきました。

「この船の最高速度はバビーズだ!」

読者の期待に応えるべくやってきました。そして早速バビーズバーガーとフレンチフライとレモンソーダを注文しました。

ハンバーガーは肉がメインなのか、パンがメインなのか

f:id:odajin:20180523192643j:image

パンが美味い!もちろんお肉も美味しいのですが、食べ終えた感想としては、パンが美味しかったと思えるハンバーガでした。

ハンバーガーやサンドイッチは、中身の具で選ぶことはあっても、パンを基準に選ぶことはなかなかありません。そう思うとメインは具、ハンバーガーであれば肉がメインであると考えられます。

がしかし、今回バビーズバーガーを食べて思ったのは、ハンバーガーとはパンで肉を挟んだ料理であり、パンがなければ成立しない料理なのだということです。ハンバーガーを食べた時に自分の歯にあたる最初の食感は肉ではなくパンです。舌の上に乗っかるのもパンが最初になる確率が高いはずです。

こんなふうに思うと、パンの美味しさは、ハンバーガーの美味しさに大きな影響を与えるものだと言えます。

以下はバビーズの公式サイトに書いてあるパティ(肉)に関する記述です。

手作りのバンズとの相性を求めて試作を重ね、牛肉の挽き方やパテの厚さを変えながらベストな食感にたどりついた、こだわりの逸品

バンズ(パン)との相性を求めてパティ(肉)の試作を重ねたということは、Bubby'sにおいてはパンがメインとも読み取ることができます。

肉料理としてのハンバーガーではなく、パン料理としてのハンバーガを楽しめるのがバビーズバーガーなんだなと思いました。

何故パンの美味しさに気づけたのか?

誤解のないように声を大にして伝えたいのは、牛肉100%のパティもとても美味しいのです。ボリューム感も充分ですし、噛んだ時にホロホロと口の中に転がり込んでくる塊加減も最高ですし、肉汁も美味いし、おそらくパティをハンバーグとして食べてもとても美味しいはずです。

それだけの美味しさのパティなのに、なぜ食べ終わった後にパンが美味しかったと思えたのか?

パン自体が美味しいことは間違いないと思いますが、最大のポイントは、パティが胡椒のみで味付け(※)されていた(しかも効きすぎていない)からだと感じました。

※胡椒のみで味付けはメニューに記載されていました

バビーズバーガーにはソースがかかっていません。パティ自体の味付けも本当に胡椒のみで味付けされていることがわかるくらい、肉も野菜もそのものストレートな味わいでした。

パンとの相性を考えた結果、肉の挽き方や厚さだけでなく、ソースは不要!味付けもシンプルに!と考えたんだろうなと思いました。

パンと肉の味をそのままに楽しめるバビーズバーガーです。

ポテトと炭酸は必須アイテムです

フレンチフライ、つまりポテトはサイズ感は中太で食感はしっとり系、塩気よりも芋の甘みが前に出てくる味わいでした。それにしてもフライドポテトってなんでこんなに美味いんだろう・・・。

f:id:odajin:20180523195056j:image

ちょ、まっ!このピクルス酸っぱ!(><;)

今回はポテトよりも、このピクルスにやられました。ハンバーガーに挟んであって知らずに食べたら咳き込んで大変なことになりそうな酸っぱさです。皿の上にポツンと置かれたピクルスに、こんなにも破壊力があるとは思いもよりませんでした。あなどってごめんなさい。w

f:id:odajin:20180523195243j:image

こだわりのレモンソーダはレモンを贅沢に使ってありそうなレモン感でしたが、レモネードの方がもっとレモン感が強いとのことでした。バーガーには炭酸派なのですが、次に来た時はレモネードを飲んでみようと思います。

アメリカンな飲食店ではソフトドリンクをビーカーで提供するのがポピュラーなのですかね?

 

Facebookでは食いしん坊と評判の方からもお店を紹介しもらったので、そこにも行きたいし、以前から大好きなお店にも行きたいし、しばらくは週1を上回るペースでハンバーガーブログを書くことにかもしれません。

 

ライフイズハンバーガ

 

本日のお店

Shiodome | Bubby’s バビーズ

 

素敵な明日を

ピア・メンタリング5回目

今日はピア・メンタリングの5回目でした。

ピア・メンタリングについてはこちらの記事をご覧ください。

一流のメンターとやり取りをする以上の効果が期待できる「ピア・メンタリング」 | ライフハッカー[日本版]

前回のピア・メンタリングについての私の投稿はこちらです。

ピア・メンタリング4回目(zoom)からのマインドフル・ワーク(電車) - odajinの日記2.0(仮)

f:id:odajin:20180522235115j:image

※写真はピア・メンタリング中にメンバーが発揮していたプロッキー力の様子

何からどう書いて良いかわからない、まとまらないけど良かった

今の素直な気持ちです。今日のやりとりの中で自分自身のこと、参加メンバーのこと、話題になった内容など、様々なことについて、発見や気づき、新たな理解などいろいろなことがあり、整理しきれていないのが現状です。ですので、今の時点でこれだけは忘れずにおきたきと思うことを1つだけ書いておきます。

自分自身に対する気づきとして「愚かな自分」に気づけたこと

前回の記録を見返したときに、穴があったら入りたいと思ってしまうような愚かな発言(私があるメンバーに言った一言)がありました。ひとつ目の愚かな自分です。

今日の会話の中でもメンバーの皆さんからフィードバックをもらい、愚かな自分について自己認知できることがありました。ふたつ目の愚かな自分です。

愚かな自分がいたことを自分で認知することができて、今、ものすごく清々しい気持ちになっています。

愚かと言われて何故こんなに清々しい気持ちなのか

「他人から「愚か」と言われたらどう思いますか?」と質問されたら、清々しいとは反対の意味で受け取る人の方が多いのではないかと思います。言葉の意味だけを考えたら私もそのように思います。

では何故、私が「愚か」と言われて、また自分で自分のことを「愚か」と気づいて、それを清々しいと思ったのか?

今、自分の中では3つポイントが浮かんでいます。

  1. 自分自身の愚かな行為を自分で認めて、愚かだったことを自らメンバーに告げることが出来、「それは確かに愚かだったよね」と自分の認知とメンバーの認知が一致したから
  2. 対話の中で、不意に出た自分の言葉に対して、嫌な気持ちになったことをストレートに伝えてもらえ、その上でそのように思った背景を説明してもらえ、それを聞いて納得できたし、今までの自分には無いものだったから
  3. 1,2のポイントを支えているのは、ピア・メンタリングのメンバーとの関係性が向上して、お互いに弱みを伝えることや、ストレートなフィードバックを伝えることが出来るようになったからなのかなと気づいたから

毎日ブログの終わりに「素敵な明日を」と書いていますが、今日は自分の明日が素敵になるなと、そんな風に思えております。

 

素敵な明日を

僕が青いベストを着る理由

今日は社内で人とすれ違う度に「えっ?あっ、おだじんさん!?」と二度見されました。何故なら【青いベストを着ていなかったから】です。2016年1月から夏以外に青ベストを着続けていますが、かなり浸透してきたのかなと実感しました。

青ベストを始めたのはちょっとした遊び心から

f:id:odajin:20180522085610j:image

いつもワイシャツを購入するお店にディスプレイされていた、鮮やかな青いベストに一目惚れしたのが青いベストを手に取ったキッカケでした。

「ベストを着ている人=なんだか博士っぽいんじゃないか?」という、なんの根拠もない私の思い込みで、ビジュアルイメージを博士っぽくしてみよう!と仕事のときに青ベストを着て行く生活が始まりました。

ちなみに当時のFacebook投稿を見て思い出し笑いしてしまいました。我ながら何やってんだか。w

f:id:odajin:20180522085619j:image

青ベストを着ていると目立つ=覚えてもらいやすいぞ!

今までベストなんて着たことなかった人が突然ベストを着始めて、しかもそのベストが鮮やかなブルーだったら、そりゃ目立ちます。

ちなみに上司からは「その青はどうなのかな?」とやんわり(結構ハッキリと)ダメ出しされました。まあそのくらいじゃめげませんけどね。w

何かと青ベストを話題にしてもらえるので、「もしかしてこれは自分のことを覚えてもらうのに最適なのでは?」と思い始めました。

人間は情報を受け取るときに視覚情報が最も強く働くと言われますが、「青ベストを着ていれば、それだけで覚えてもらいやすくなるなら着るしかない!」と、ここから本気で青ベスト生活が始まりました。

なぜ自分のことを覚えてもらおうとするのか?

  • 社員の数が増えてきて自分のことを知らない人が増えてきた
  • 拠点が離れてしまったので接触機会が減ってしまった(これは2016年秋からなので青ベスト生活の途中から)
  • 研修担当として受講者に覚えてもらいやすくしたい(これも2016年秋以降に講師を担当する機会が増えてから)
  • 社外の人と知り合った後、Facebook上の青ベスト写真を見て思い出してもらえるようにしたい

改めて理由を書いてみて自分でも気がつきましたが、会社の中で自分のことをたくさんの人に認知してもらいたいと思っている人って世の中にどのくらいいるんでしょう?(私、レアキャラ?w)

私は自分のことを知ってもらっていた方が何かと仕事がしやすいと思っているので、自然とこんな風に考えています。

例えば何か新しい取り組みを始めようと思うと関係各所に協力を求めたり、ネゴシエーションしたり、一斉メールでアナウンスしたり、いろんな人を巻き込む必要があります。そんな時に同じ社内とは言え知らない人からお願いされるのと、知ってる人からお願いされるのでは、どちらが良いかと問われたら、私は断然後者だなと思っています。

この発想自体が人事部門で全社向けの活動をしているから生まれてくるものなのか・・・。または、新卒で入った会社で10年以上勤めているから生まれる発想なのか・・・。

 

なんだかとりとめのない終わり方になってしまいますが、こんなことを考えて青いベストを着ています。と書きつつ、これから10月頃まではベストを着ないシーズンになります。一年の半分は青いベスト着てないじゃん!というツッコミは無しの方向でお願いします。w

 

素敵な明日を

雑草を取りながら自分が独裁的なリーダーだなと感じた件

今日は伸び放題になっていた庭の雑草取りをしました。我が家はマンションの1階で、そこそこな広さの庭が付いています。入居当時はボロボロだったのですが、1年半くらいかけて裸足で歩けるまでになった2010年8月当時の写真がこちらです。

f:id:odajin:20180522004035j:image

当時の芝生育成の様子は昔のブログをご覧ください。入居当時のボロボロぶりは1番最初の記事に載っています。

裸足で歩ける芝生の庭: (2) サブロク

雑草取りはマインドフルネス?w

雑草を取りながらこんなことを考えていました。

  • あ、今日はこれをブログに書こう
  • そういえば昔、ブログに書いてたっけなあ
  • 最近は放ったらかしてたなあ
  • なんでだろうなあ

こんな感じで黙々と雑草を取りながら延々と考えていたら、いつのまにか「今年から手入れを再開してみよう」と決意していました。w

何かに集中している中で自分をメタ認知する(客観視する)って、こうやって自然と鍛えられていたのかもしれません。

雑草取りしながらダイバーシティを考える

自分でもこんなことを考えながら雑草取りするってちょっとおかしいかもしれないと思いつつ、雑草を取りながらこんな思考をしていました。

  • 庭をひとつの環境だとして
  • その環境から芝生以外の植物(雑草)を排除しようとしている私
  • ああ、私はこの環境において独裁的なリーダーだなあ
  • 匂いの臭いドクダミは花が咲いてようと容赦なく引っこ抜く
  • 引っこ抜きづらい笹は園芸鋏で容赦なくブッタ斬る
  • 繁殖力の強いカタバミ(クローバーっぽいやつ)はガンガンむしり取る
  • なんという暴力的なリーダーなんだ
  • 庭という環境において多様性を排して芝生のみを求める私
  • ダイバーシティってなんだろう!?
  • 私が雑草と呼んで排除しようとしているこの植物たちと芝生を共存させることは出来ないのだろうか??
  • 何か妙案は無いのだろうか???
  • 悶々と考えながらも黙々と雑草を抜き続ける私
  • 待てよ、そもそも私は何を得たいのだろうか、何を欲しているのだろうか
  • 私は「裸足で歩ける芝生の庭」が欲しいのだ
  • なぜ欲しいのか?
  • 一面緑の芝生の庭は歩いても眺めても気持ち良いのだ
  • 我が家の庭の目指すべき姿に雑草は不要なのである
  • だから私は雑草を抜くのだ
  • そして除草剤を撒き、雑草が生えてくることを拒むのだ

45リッターのゴミ袋を2つ満杯にするほど雑草を抜いて、私がわかったことは、多様性のある組織になるかどうかは、組織のリーダーが多様性のある組織を目指しているかどうかにあるということでした。

 

植物を育てているといろんなことを考えるきっかけをもらえます。また書きます。

 

素敵な明日を

週末に自宅でチーズフォンデュをやってみませんか?

今日はチーズフォンデュを自宅でやってみたことの無い人に、意外と簡単にできることをアピールしてみます。

チーズフォンデュはワイワイ楽しめる料理

f:id:odajin:20180516210418j:image

チーズフォンデュとは、パンや野菜などの具材を溶かしたチーズにつけて食べる料理です。

レストランでも食べる機会がなかなかない料理なので、馴染みがないかもしれませんが、シンプルでチーズ好きにはたまらない料理です。

我が家は妻がチーズ大好きなのでピッタリ。子供たちは普段からチーズをたくさん食べるわけではありませんが、なぜかチーズフォンデュはドンドン食べます(=野菜もドンドン食べます)。

食べている時の様子から察するに、チーズをつけながら食べるのが楽しいのだと思います。チーズフォンデュは美味し楽しい料理です。

チーズフォンデュは特別な材料不要で、調理も簡単

材料はこちら。

  • チーズ(何チーズかは後ほど)
  • 牛乳(大人だけの場合は白ワイン)
  • 片栗粉
  • フランスパン
  • ジャガイモ
  • ニンジン
  • ブロッコリー
  • ソーセージ
  • 生ハム(チーズをつけた上にトッピングする用)

具材は好きなものを試してみてください。今回、我が家では冷蔵庫に残っていたカボチャを使っています。

手順はざっくりこんな感じです。

  • 野菜とソーセージを切る
  • 切った野菜とソーセージを蒸す・茹でる
  • フランスパンを切る
  • チーズを賽の目にカットする
  • チーズに片栗粉をまぶす
  • 鍋に牛乳を入れてあたためる
  • 鍋にチーズを入れて溶かす
  • 溶けたらできあがり

私はこちらのサイトのレシピを参考にして作っています。

まずは基本から!チーズフォンデュの作り方 | チーズフォンデュ専門店 チーズ・オン ザ テーブル

チーズフォンデュには何チーズが良いのか?たぶん何でもイケル!w

f:id:odajin:20180519101436j:image

我が家では近所のOKストアに売っているブロックチーズを使っています。今回はエメンタールチーズチェダーチーズの2種類を使いました。他にもグリエールチーズゴーダチーズなどを使ったこともあります。

これじゃなきゃダメ!と言う決まりがあるわけでは無いので、チーズが好きな人はいろいろ組み合わせて味の違いを楽しむのもアリですね。

初めての方には「チーズフォンデュキット」のような商品もあるのでお試しください。

フォンデュ鍋とアルコールランプが無くてもチーズフォンデュできるの?できます!

f:id:odajin:20180519101741j:image

写真のようなチーズフォンデュ用の鍋とアルコールランプ(台座含む)が無い場合は、以下のようなやり方で代用可能です。

フォンデュ鍋の代用としては土鍋を使うのがオススメです。
  • ゆっくり火が通るので焦げにくい
  • 火を消してからも冷めにくいのでアルコールランプがなくてもいける
  • 鍋の高さが低いので小さい子供でもチーズをつけやすい
アルコールランプの代用としてはカセットコンロ、もしくは何も無しで。

ちなみに、なぜチーズフォンデュのときにアルコールランプを使うのかと言うと、火力が強いと、あっと言う間に鍋底でチーズが焦げてしまうからです。カセットコンロの弱火でも強いくらいなので、食べている途中にヘラなどで底の方からよくかき混ぜてください。

カセットコンロを使わずに、食べている途中で何度かあたため直しても大丈夫です。

レンチンで1人でも楽しめるチーズフォンデュ

f:id:odajin:20180519142016j:image

※以下サイトから引用

ロルフ チーズフォンデュ45g - 家庭用商品 - "株式会社宝幸","HOKO" - チーズ商品、冷凍食品、缶詰・レトルト食品、水産品の製造・加工・販売をしております。

電子レンジでチンするだけで食べられるチーズフォンデュです。少量なので、晩御飯のちょっとしたアクセントやおつまみとしても良いかもしれません。

 

週末にチーズフォンデュで食事を楽しみませんか。

 

素敵な明日を

オレはハンバーガーブロガーになる!?

今日は金曜日!ボサボサの髪の毛をサッパリさせたあとは、ハンバーガーです。表参道から渋谷方面にプラプラ歩いていたら美味しそうだったのでイン!

J.S. BERGERS CAFEの J.S.バーガー

f:id:odajin:20180518203830j:image

レギュラーサイズなのでサイズ感はそこまでではないものの、なかなかの高身長。

そして驚くべきは、この身長なのに包み紙無し!漢気というのか、攻めの姿勢というのか、私の心には「こぼさずに食べてみやがれ!」というハンバーガーの神の声が聞こえてきました。w

いただきます。→ごちそうさまでした。

f:id:odajin:20180518204453j:image

おしくも肉汁を数滴こぼしてしまいました。。。くやしい。。。orz

ちなみに私のこだわりとして、ハンバーガーは、一口目から食べ終わりまで、無言かつノンストップで、飲み物やポテトを挟まず一気に食べます。(※写真のポテトが減っているのはバーガーを食べる前に食べたからです。)

ここのフライドポテトは、かなり細めのカリカリ系でした。コカコーラに合うね〜!最高!^ ^

さて、本題に戻りまして・・・

J.S.バーガー美味い!誰もが好きになれそうな整った味わい

今回初体験でしたが、包み紙無しの攻めの姿勢とは違い、ハンバーガーは上品で整った味わいでした。(私が攻めてると勝手に思っていただけですけどね。w)

味はしっかりしていますが、スパイスや塩っけが強く出過ぎず、数種類入っている具材もバランスよく、とても整っていました。お店の看板名を背負ったハンバーガーなので、もっと主張の強い味を想像していましたが、良い意味で裏切られました。(味が弱いとか、味がしないわけではありません。味はしっかりしています。)

バーガーを食べ終わってからポテトとコカコーラを楽しみつつ店舗内を見渡していていると、店舗のガラス窓に「大人から子供まで楽しもう」のようなメッセージが英語で書いてありました。

おそらく、 J.S.バーガーは、万人に好まれるようなハンバーガーを目指してこの味になったのではないかと推測しました。どこか一点を強調することだけが「らしさ」なのではなく、調和やバランス、整っていて角がないことも「らしさ」なんだよなあ。

そんなことを考えていたら、他のバーガーも食べてみたくなりました。5月末まで限定のスキヤキバーガーが気になる!

LIFE IS BURGERS!!

前回ハンバーガーネタの第1回目を書いたときに何気なく「ライフイズハンバーガー」と書いていました。前回のハンバーガーネタはこちら。

ハンバーガーとポテトフライと炭酸飲料があれば気分は上々 - odajinの日記2.0(仮)

そうしたらなんと、 J.S.BURGERSの店内にLIFE IS BURGERSなる看板が!

f:id:odajin:20180518210608j:image

前回の記事を書いたときに、ハンバーガーのカテゴリを勢いで作ってしまいましたが、この看板を見つけて決めました。

「オレはハンバーガーブロガーになる!」w

ハンバーガーネタだけに絞りませんが、週1回くらいのペースでハンバーガーネタを投稿することにします!

 

ライフイズハンバーガー!

J.S. BURGERS CAFE | J.S. バーガーズカフェ オフィシャルサイト

 

素敵な明日を

 

今日の記録:約44分
書き始め:5/18 20:38(渋谷駅)
書き終わり:5/17 21:22(白楽駅
バイスiPhone
プロセス:

  1. 下書きなし(お店の中で食べながらこんなこと書こうとイメージ膨らませていた)
  2. 画像作成
  3. 記事を書き始める
  4. タイトルが浮かばない
  5. 記事を書き進める
  6. ハンバーガーネタをもっと書いていこうと思う
  7. タイトルが浮かぶ
  8. 読み返して少し修正、完了